しっかり出会えるセフレ探し掲示板サイトを公開!

セフレ探し掲示板サイトの説明をする前に、先日の本屋さんでの思い出を。
会ったことがある人には酒の席で話したことがあるかもしれないが、あらためて文章にしてみようと思う。

『古本屋にて』

また彼女がきている。
ずらりと古本が並ぶ棚の向うに、薄手のコートにマフラー姿の彼女をみるのは、これで何度目だろう。知的で、愛らしく、開いた本に一心に見入る様子は、よほどの本好きとみてとれた。
僕はまえから、彼女に声をかけてみたいと思っていた。この店のすぐ隣には、雰囲気のいいカフェもあり、そこに誘ってみたいといつも思っていた。
だが、なかなかその勇気がおこらなかった。というのも、これまでの観察でわかったのだが、彼女が手にとる本が、とても僕などには理解できないようなしろものばかりだったのだ。翻訳物の小説、詩、また日本の作家の書物もみな純文学ばかりで、僕が好んでよむような、芸能人の書いたエッセーとか、ほとんど挿絵ばかりの物語とか、漫画本などは一度だって手にしたこともないのではないだろうか。
あまりにレベルがちがいすぎて、僕は、声をかけるにかけないありさまだった。
それで僕は、この間から、普段は敬遠している文学書や小説を買っては、読むようになっていた。最初はさっぱり頭にはいらず、ものの数風で書物をほっぽりだしていたが、彼女のことを思い、がまんしてふたたび読み始めるということを、何度も繰り返した。
そのうち、わずかずつではあるが、なんとか筋立てはわかりだすようになった。はじめから長編は無理なので、短編集なら最後まで読み切ることもできるようになった。だんだん、小説の面白さがわかりはじめると、もう読むことが苦痛でなくなってきた。
古本屋で僕が選ぶ本の場所が、これまでと異なりだしたときのことだった。僕が一冊の本に手をのばしたとき、ほとんど同時にあの彼女もその本を取ろうとして、二人の手がはからずも触れてしまった。
「ごめんなさい」
「どうぞ。この本とってください」
「ふら、あなたの方が先でしたわ」
「いいんですよ。読んだら、感想をきかせてください」
そう言う僕を、彼女はじっとみつめた。彼女もまた、自分とおなじ趣味の本を好む僕に、関心がわいた様子だった。これまでの努力が報われる時がきたようだ。おまけに、小説や文学まで好きになることができた。僕は彼女に感謝したい気持ちだった。

私は家に帰り、彼女が私のセフレになることを夢想した。
まだ性格もよくしらない彼女とひたすらセックスをしたい。彼女の肌をつねりたい。

セフレ探しには無料の掲示板を利用したことがあったが、そのときはうまくみつからなかった。無料の出会い掲示板には怪しい業者が多い。本当の素人女性は完全に影に隠れてしまっているからね。

有料の老舗出合い系サイト・アプリでみつけるのが良いと思う。
おすすめのセフレ掲示板サイトなどがまとまっている。

やはり、遊び慣れていない男性が急にセフレ遊びをするとなると、なかなかうまくいかないものである。
セックスフレンドに対して必要以上に優しくしてしまったり、情が湧いてきてしまい割りきった関係になれないことも多い。
これは男女関わらずだが、セフレに好かれたい、好かれるための方法を知りたいと思うようになるケースもある。

ふと、セフレに愛してるとベッドの上で言ってしまい、大変なことになってしまう場合も。
やはり、好きだと言われると燃えてしまうのが人間。もうセフレではいられなくなってしまうのだ。

セフレに彼氏彼女ができたり、お見合いをしていることを知った時に激昂してしまうこともある。
セフレは自分だけのものではないし、互いに複数のセフレがいることもザラなのだが、つきあっていると自分だけの彼氏彼女のように錯覚してしまうことも多いから注意が必要だ。